本文へスキップ

学生ローンPrivacyは、個人信用情報について解説する学生ローン専門サイトです。

学生ローンの個人情報の取り扱い

学生ローン利用の際にこんな心配をしたことはありませんか?

●学生ローンで借りたことで、他のクレジットカードが使えなくならないだろうか?
●誰かに知られないだろうか?
●就職する時に大丈夫かな?
●支払いが遅れたらブラックリストに載っちゃうんだろうか?
●完済したら身分証などは返してもらえるのかな?

これらは「信用情報」や「本人確認法」に起因するものなのです。
では「信用情報」や「本人確認法」とはどういったものなのでしょうか?
学生ローンPrivacyでは、学生ローンをはじめて利用する時点から、支払い途中・完済に至るまでの信用情報の流れを詳しく解説致します。上記のような疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイトを最後までご覧頂ければ幸いです。

信用情報簡単解説
信用情報とは、個人の借り入れの事実や、その個人を特定する個々の情報(氏名・生年月日・住所・勤務先等)を信用情報機関が管理し、貸金業者はこの信用情報機関の「会員」となるわけです。
現在では信用情報機関の利用は任意ですが、貸金業法改正により、2001年4月をメドに完全義務化となります。
信用情報機関を利用する目的は、多重債務者保護の観点から、過剰貸付防止の為に利用されます。
この情報は貸金業者が与信判断のみに利用することができるもので、それ以外の目的で利用はできません。
詳細は「信用情報とは」のページで解説致しますのでご覧になって下さい。

本人確認法簡単解説
本人確認法とは、借り入れ申込者が、本当に本人かどうかを確認しなければいけないという法律です。
これはマネーロンダリングの防止や、不正に免許証などを利用されないよう、全く無関係の人を保護する観点から定められたものです。
本人確認法では、免許証や保険証などの身分証明書を、7年間保管することを義務付けています。
詳細は「本人確認法とは」のページで解説致しますので、ご覧になって下さい。

更新情報


2017年11月
サイトをリニューアルしました。

サイトイメージ

shop info.サイトイメージ