本文へスキップ

学生ローンPrivacyは、個人信用情報について解説する学生ローン専門サイトです。

学生ローンの個人情報の取り扱い

返済途中の信用情報について
これまでは、学生ローンで初めて借りた場合の信用情報について説明してきましたが、では支払い途中での信用情報はどのような流れで情報が更新されているのでしょうか?
因みに学生ローンの申し込みや返済方法などの詳細は、学生ローンというホームページをご覧になって頂ければおおかたの流れや仕組みが理解できます。

返済途中の個人信用情報の流れ

上の図は、学生ローンA社に支払いをして、その後利用者(お客)が、学生ローンB社に借りに行った様子です。
まず顧客から返済を受けた学生ローンA社は、その事実を信用情報機関(信用情報センター)に報告します。
この報告を信用情報機関が受け、情報を更新すると、「今月分までの支払いは済んでいる」という状態になるわけです。その後この利用者がB社に借りに行った場合、同じように信用情報の照会をするので「他で1社借り入れはあるが、支払いはきちんとやっている」ということがB社は知ることができるのです。
この時、A社の借り入れが例えば1年前だったとすると、少なくとも1年は支払いをきちんとやっているということがわかるので、他社の返済実績も与信判断の材料となるわけです。
逆にもし、支払いが遅れていたとすると、「支払いがルーズな性格なのでは?」と判断され、融資が受けられない可能性が高くなるのです。


サイトイメージ

shop info.サイトイメージ